【2018年版】一人暮らしをはじめる前に準備するもの9選

慌てて買ってしまったばかりに、あとになって後悔・・・。

一人暮らし初心者のお約束です。

そこで今回は、一人暮らしをはじめる前(引っ越し当日まで)に用意しておいたほうがいいものをピックアップしてみました。

初日にないと困るもの

カーテン

引っ越し初日になって慌てて買おうとすると、なかなか良いものが見つからないものです。

仕方なく妥協して使い続けるか、生活が落ち着いてき手から泣く泣く新しいものに買いかえるか。どちらにしても後悔や不満が残ってしまいます。

事前にサイズをしっかりと測っておき、当日までに届くように手配しておきましょう。

寝具

これも急場しのぎで揃えてしまうと後悔するもの。

ベッドにも使える布団セットを買っておけば、実際に生活しながら本当にベッドが必要か試すこともできておすすめです。

なるべく事前に用意しておくもの

テーブル

下記の記事では、引っ越しの際のダンボールで代用する方法をご紹介しました。

カーテンや寝具と同様、引っ越し初日に急に買うよりはこういったもので代用したほうがいいですが、食事やパソコン、書きものなど小さめのテーブルが一つあると便利です。

シンプルな折りたたみ式のローテーブルなら、使わないときはコンパクトに収納できるのでおすすめです。

冷蔵庫・洗濯機

「三食すべて外食」や「コインランドリーかクリーニングで済ます」というストイックな方以外は、やっぱり必要な白物家電がこちら。

置く場所の広さや利用シーンをしっかりと考えて、最適なサイズ・機能のものを選びましょう。

インターネット環境

パソコンを使う人やネットテレビを持っている方は、あらかじめプロバイダとの契約を済ませておきましょう。

※モバイルルーターやスマホのテザリングで代用することもできます。

印鑑(認印)

手書きサインでもなんとかなりますが、いわゆる「シャチハタ」を一つ作っておくと色々便利です。

無ければ用意するもの

照明(蛍光灯)

部屋によっては、ソケットだけで照明器具がない場合があるので要注意です。

器具はあっても蛍光灯がついていないなんてことも多いので、引っ越し前にしっかりと確認しておきましょう。

エアコン

こちらも部屋によって用意されていない場合があります。

季節によっては取り付けに時間がかかる場合があるので、あらかじめて準備しておきましょう。

ガスコンロ

意外と見落としがちなのがこちら。

料理をしない人でしたらある程度問題ないかもしれませんが、なるべくなら事前にチェックして器具を用意しておきましょう。

いかがでしたか?

新生活のドタバタで買い物の余裕がない一人暮らしはじめ。できれば余裕のあるうちに可能な限りの準備を済ませ、スマートで快適な一人暮らしをむかえてくださいね。